通販で購入できるアフピルで確実な避妊を

アフピルで備えている女性アフターピルや緊急避妊薬、モーニングアフターピルは現在では『アフピル』といった名称で呼ばれ、多くの人に利用されています。

現在日本では、コンドームを用いた避妊が主流になっていますが、正しく使う事が出来ていなかったり、性行為中にコンドームが破れたり、コンドームを付けてもらえなかったなど様々な理由で避妊に失敗するケースが後を絶ちません。

性行為はしたいけど、今は妊娠したくない時はパートナー同士で、話し合いながら適切に避妊を行う事が肝心です。

適切にコンドームを使ってもらうようにしたり、低用量ピルを使って避妊をするといった方法を使えば、基本的に避妊を防ぐことは可能です。

しかし、気をつけていたとしてもイレギュラーな事態は訪れるものです

避妊に失敗した時に取れる手段はどの程度あるのでしょうか?自分は大丈夫、そんな風に思っている方も多いかもしれません。

あなたは避妊に失敗した時のことを考えたことがありますか?

もしもの場面に置かれたり、そんな状況を想定している人の多くが、アフターピルを常備し対処しています。

アフターピルとは、あらかじめ服用して避妊できる低用量ピルと違います。

避妊に失敗した後でも、アフターピルを使えば、性行為後の体に作用して妊娠という結果を回避することが可能になります。

そのため、アフターピルは事後避妊薬とも呼ばれます。

低用量ピルやコンドームを用いながら、アフターピルを常備しておくことによって避妊を行いながら避妊に失敗した時も迅速に妊娠を回避することが可能になります。

避妊も人が行う行為ですから、それを100%完璧に行うことは難しかったりします。

低用量ピルを飲み忘れたり、コンドームが劣化して穴が開いていたり。

大丈夫だと思っていても、大丈夫ではなかったケースは少なくありません。

そうした時に対応できるかどうかはアフターピルを常備しているかどうかによって変わるのです。

いつ起こるかわからない事態に備えて、事前にアフターピルを購入して気をつけるようにしましょう。

そうした、もしもの時の備えがあると思えるだけでも、普段の安心感にも変化があるかもしれません。

アフターピルは、女性が自分の身を守るための最後の手段なのです

アフピルの購入はこちら

 

通販で買えるアフピルの効果と仕組み

アフピルのイメージ画像王コンドームは物理的に精子の侵入を防ぐことで妊娠を防ぎます。

低用量ピルは、ホルモンバランスを変化させて妊娠した時と同じような状態にすることで避妊を実現します。

では、アフターピルは?

実は、アフターピルによる避妊の仕組みは低用量ピルを使ったときと変わりません

アフターピルと低用量ピルの違いは、薬に配合されているホルモンの量になります。

アフターピルは高用量ピルとも呼ばれ、1錠に多くのホルモンが含まれており服用することでホルモンバランスを妊娠している時と同じバランスへと急激に変化させます。

その結果、避妊を行う事ができるようになります。

ホルモン量が多いことで、精子と卵子が受精できなくなるように体内にすばやく作用してくれます。

事後でも避妊が可能なアフターピルですが、一つ注意すべきポイントがあります。

それが時間制限です。

受精卵が着床することによって妊娠します。

そして、精子と卵子が繋がり受精卵となって着床するまでにかかる時間は48~72時間と言われています。

そのため、72時間経過して着床してしまえばいくらアフターピルであっても、避妊を行う事はできません。

着床する前に体に急激な変化を与えるため、アフターピルによって身体はさまざまな影響を受けることになります。

ですからアフターピルは常時使うような避妊法ではなく、あくまで緊急時の手段として使うことが肝心です。

低用量ピルとアフピルの違い

低用量ピルのイメージ画像いわゆるピルと呼ばれる低用量ピルとアフピルは一体何が違うのでしょうか

アフターピルと低用量ピルの最大の違いは、前項にもあるように配合されている成分量になります。

低用量ピルはごくわずかなホルモンを毎日少しずつ服用することで体内のホルモンバランスを徐々に変化させていきます。

その結果、体が妊娠しない状態になります。

そのため、低用量ピルは休薬期間と呼ばれる期間以外は基本的に、毎日同じ時間にピルを服用するといったことが必要になります。

そうして、少しずつホルモンバランスを変化させるわけです。

また、ホルモンバランスがピルによって整う事によって、避妊以外にも

・PMSや肌荒れ
・月経困難症

といったホルモンバランスの乱れによってあらわれる悩みが改善することもあります。

そのため、ピルは避妊以外に、上記のようなPMSや月経困難症を改善するために使われることも少なくありません。

継続しての服用が必須であるため、低用量ピルは飲み忘れや服用をストップすることで変化していたホルモンバランスは徐々に元の状態に戻り、妊娠できるようになります

1日の飲み忘れであれば、避妊効果を継続させることは可能です。

しかし、2日間以上の飲み忘れが起きた場合は、避妊効果は消失してしまうためピル以外の避妊に頼る必要がでてきます。

 

ホルモンバランスを徐々に変化させる低用量ピルに対し、アフターピルは性行為の後に避妊を行うのを目的としているためホルモンバランスを急激に変化させます。

そのため、副作用などの体への負担はアフターピルはとても大きくなります。

低用量ピルでも副作用が辛いという人がいるわけですから、アフターピルの副作用はそれよりも更に辛いものとなってしまうのは言うまでもありません。

 

それでもアフターピルを使うのは低用量ピルではできない、事後避妊が可能という唯一無二の特徴があるためと言えるでしょう。

低用量ピルとアフターピルは使用用途がそれぞれ違います。

どちらか片方を持っておきさえすれば確実に安心というわけではありません。

より確実な避妊対策をとるために、それぞれの効能を理解して使い分けることが大切です。

・低用量ピルを飲み忘れて効果が切れてしまった時
・低用量ピルの効能がまだ出ない飲み始め最初の一週間

上記のように、低用量ピルの避妊効果がどうしても得られない期間に性行為をして、避妊に失敗したかもしれないと感じた場合には、アフターピルの使用が必要になってきます。

 

普段の避妊は低用量ピルを使うようにして、どうしようもない場合にはアフターピルを使うようにすれば問題ありません。

アフピルを購入するにはどうすればいいの?

自分もお守り代わりにアフターピルを持っておこうと思っても、ピルをどこでどのように手に入れればいいのか分からないという人は多いでしょう。

ここでは、そうしたアフターピルの購入方法や価格について紹介します。

気になるアフピルの値段は?

お金の画像アフターピルは処方箋医薬品と呼ばれる処方箋が必要な医薬品であるため、ドラッグストアなどでは販売されていません。

手に入れるためには、産婦人科などで診察を受けて処方してもらう必要があります。

緊急事態のため今すぐアフピルを使用したい、という時は早急に産婦人科に相談し適切な判断のもとで迅速に処方をしてもらいましょう

特に、アフターピルを初めて使うといった場合には、産婦人科で処方を受けるとより安心できるかもしれません。

病院で処方してもらう場合は、ドクターに使い方や副作用などについての説明を受けることができるためです。

しかし、病院で処方してもらう場合、アフターピルは低用量ピルと同様に保険は適用されません。

低用量ピルが保険適用されるケースもありますが、避妊では保険が適用されることは基本的にありません。

そのため、アフターピルは自由診療となり、価格が1錠10,000円程度になります。

上記の額は、薬だけの額なので診察費用などを含めると更に高額になってしまいます。

それでも、妊娠してから堕胎手術を受けるよりは安価ではあるため、背に腹は代えられないのです。

 

アフピルを病院以外で手に入れるには?

通販を利用する女性病院ではビックリするほど高額なアフターピルなので、常備したくても中々できない人もいます。

しかし、通販でアフピルを買い求めるー事によって、安価で手に入れることが可能になっています。

ここで言う通販とは、楽天などの有名な通販サイトを利用するような購入方法ではありません。

ここでいう通販とは、正確には個人輸入代行サイトと呼ばれるサイトのことになります。

通販のメリットは、病院に行く時間がなかったり、産婦人科に行っているところを誰かに見らるのは恥ずかしい、といった方でも家に居ながらアフターピルを届けてもらえることです。

また、通販を利用すれば病院では10,000円程度だったアフターピルを1,000~4,000円程の価格で購入できます

当然、通販では診察や検査なども必要ないので、それらにかかる費用も必要なくなります。

アフターピルを通販で購入する場合、アフターピルの代金+配送料や手数料などの必要経費のみで済みます。

逆に通販で購入するデメリットを挙げるとすれば、通販は海外から薬を配送してもらう形になるので手元に届くまでに時間が必要になるという事です。

通販と同様に使う事が可能ですが、注文から自宅に届くまでに2週間程度かかります

前述の通り、アフターピルは受精卵が着床するまでに服用する必要があるので、避妊に失敗してから通販で注文しても届くのを待っている間に妊娠してしまいます。

ですから、事前に購入しておいて備えておくことが重要になってきます。

アフピルは通販だとどうして安いの?

病院だと10,000円のアフターピルを通販であれば、1/10の価格で購入することができるのはなぜでしょうか?

安かろう悪かろうと言われるように、安いからには安いだけの理由が何かしらあるのではないか?と考えてしまうのは当然です。

ここからはアフターピルが安く購入できる理由を紹介します。

通販のアフピルが安いのはジェネリックがあるから

考える女性通販でアフピルが安い理由はいろいろありますが、その一つにジェネリック医薬品であるからというのがあげられます。

日本では未だに認可の下りていないジェネリック医薬品が海外では認可が下りており普通に使われているという現状があります。

これは、日本の医薬品承認に時間が非常にかかるためです。

時間がかかる理由は、医薬品を使っても問題がないかといった試験が入念に行われ問題ないと判断される基準が高い為です。

それ故に、日本で認可されている医薬品の安全性は非常に高いと言えます。

その分、時間がかかるので海外で当たり前のように使われている薬が日本では未認可という状態も多いのです。

アフターピルのジェネリックの中にも上記のような状態の物も少なくありません。

そのため、海外では当たり前に避妊に使われている医薬品を安く手に入れることができるのです。

ジェネリックは元となる先発薬があり、それを元に作られたいわゆるコピーであるため配合されている成分や成分量、効果は同じです。

元となる薬を独自に開発するといった必要がないため、安価で販売できるので価格が大幅に安くなっているのです。

アフピル通販を利用する上での注意点

非常に安価で購入できるアフターピルの通販ですが、利用の際は注意が必要です。

海外から医薬品を個人的に輸入して使う事は国にも認められている行為になります。

しかし、それは自己責任の元で自分が利用する場合だけです。

そのため輸入した医薬品を第三者へ譲渡したり販売するといったような行為は違法となります。

当然、誰かの為に自分が代わりに輸入するといったことも違法になります。

この点にさえ気をつければ、安心安全に通販を利用することが可能なので覚えておきましょう。

 

アフピルを飲んだ後に気を付けるポイント

アフターピルを飲んだ後の、避妊の成否については出血によって確認できます

消退出血と呼ばれる出血であり、利用するアフターピルの種類によって若干、時間の差がありますが服用後3日~2週間前後の間で見られることが多いです。

また、アフターピルを服用した日によっては消退出血と生理が同タイミングで来ることもあります。

消退出血が無いまま3週間が経過しようとしている場合は、避妊失敗の可能性があるため婦人科での診察を受けるようにしましょう。

アフピルを飲む時間が重要

制限時間のイメージアフターピルの最大の特徴は事後避妊が出来ることでしたが、この避妊成功率は、服用タイミングによって大きく変化してしまいます。

基本的にアフターピルは避妊失敗後から、できるだけ早く服用することが望ましいとされており、早ければ早いほど避妊成功率は高くなり、遅くなれば遅くなるほど避妊成功率は低下していきます。

最初にもあるように、アフターピルは避妊の失敗後72時間以内(受精卵が着床するまでの時間)に服用することが基本になります。

しかし、72時間を過ぎてしまっても避妊効果が完全に0になるわけではありません。

アフターピルの種類によっては120時間以内であれば十分な避妊確率をもっているものもあります。

十分と言っても80~90%あるわけではなく、50%程度となってしまいますがゼロではないため、妊娠を避けたい場合は使う価値はあります。

そうした種類のアフターピルであっても服用が早ければ早いほど良い事には変わらないため、避妊に失敗してしまった!というときは、できる限り早くアフターピルを服用するようにしましょう。

 

アフピルの副作用について

アフピルは、低用量ピルなどの日常的に服用されるピルとは違い一度に多くのホルモンを体内に投与します。

そのことによって起きる副作用には個人差がありますが、

・吐き気や嘔吐・頭痛

・腹痛や肌荒れ

・熱や倦怠感

・不正性器出血

などがあります。

ホルモンバランスが急激に変化したことによる副作用であるため、バランスの変化に体がついていくことで症状は治まっていきます。

しかし、副作用が長期間にわたって納まらないような場合には、婦人科医に診察を受けることが推奨されます。

また、副作用の吐き気で嘔吐してしまった場合には別途注意が必要です。

それがアフターピルを吐き出してしまった場合です。嘔吐でアフターピルを吐いてしまった場合、避妊効果が消失してしまう可能性があるので、嘔吐してしまった場合は速やかに婦人科への相談を行いましょう。

 

アフピル通販を使用した人の口コミ

Sさんの場合

女性のイメージ仲のいい友達が緊急用のアフピルを持ってて、私もそういうのは持っていたほうがいいかなと思って調べてみました。

今はそういうことする関係の人がいないから心配してなかったけど、男女で遊んでて何があるかわからないし、備えておけばいろいろ安心安全ですよね。

わざわざ産婦人科でもらうほど急いでるわけじゃなかったので、今回はオススメされたこの通販サイトで一箱注文しました。

思っていたよりも簡単に買えて、驚いてます。普段使ってる通販とほとんど同じノリでした~。

Yさんの場合

女性のイメージアフピルを実際に飲んだことがないけど、もしもの時に手元になかったらこわいので、通販サイトで買っておこうと思いました。

アフターピル、で検索すると種類がたくさんあってすっごい迷いました。

何が合うのかわからないので、できるだけクチコミが詳しくてわかりやすくて副作用が少なそうなのを選んでみました。

でも副作用が少ないと書かれてるアフピルもも、実際にそれを使ったことがある友達は「飲んだ後しんどかった」と言ってたりして…

こういうのは個人差があるから仕方ないんでしょうけど、まだ飲んでないだけあって今からちょっと不安です。

Iさんの場合

女性のイメージ彼氏とセックスした時、一度だけコンドームが破れたことがありました。よりによってピルの効果が切れてる時に。

二人で本当にあわてちゃって、産婦人科に行くまで私は半泣きでした。

そんなことがあってから、アフピルの準備はしておくべきだと思ったので、通販で多めに買っておこうと思ってこのサイトを使いました。

ちゃんと準備ができると、ひとつの不安から解放されたような感じがあります。

彼氏はあの失敗から、コンドームつける特にゴムをしっかり確認してくれるようになりました。アフピル買ったよーって言ったら「見せて」って…(^^;)

よほどトラウマになってるっぽいです(笑)

Aさんの場合

女性のイメージ アフピルは密かに欲しかったけど、産婦人科へ買いに行くのはなんか緊張してしまって行けませんでした。

近所の人とかに見られたら嫌だし、保険が効かないぶん値段が高めって聞いたのもあって。

そしたらいい通販サイトがあると教えてもらったので、こちらで通販することにしました。

あまりの安さに感動して、ついに念願のアフピルをまとめ買いできました!♡

これでひとまず安心です。もしこれを使い切るときが来たら(笑)またまとめ買いしますね!

Eさんの場合

女性のイメージ備えあれば憂い無し、と言い聞かされたので、もしもの時のためにアフピルを買いました。

私も彼氏も性行為には気を配る方なので、しばらく使うことはなさそうだと思ってたのですが…

ある日コンドームを切らしていたのを忘れて、ナマでやってしまいました。

アフピルが届いてほんの一週間のことでした。早速活躍してもらいましたよ(汗)副作用は軽い腹痛だけでした。本当に、買っててよかったです。

こんなにすぐに使うなら、まとめて3箱ぐらい買っておいてもよかったなぁ。。

Mさんの場合

女性のイメージ普通のピルがまだ効いてないけど、ゴムをしたら大丈夫かなと思ってセックスしました。そしたらゴムに穴が空いていたみたいで、終わった後、ゴムの中に精液が残ってなかったんです。

彼氏もわざと穴を空けたわけではなかったので、顔色を真っ青にしながらずっと謝ってました…いやいや(–;)

実はこういう時のためにアフピルを買ってたんですよ。飲んだ後もひどい副作用はなく、5日ぐらい待つと生理が来てくれました。ありがとうございます!効果抜群です!

Sさんの場合

女性のイメージもしものときは友達にアフピルを分けてもらうつもりだったんですけど、調べたら買った本人以外が飲むのは規約違反?なんですね…気をつけないと…(もらってません)

ということを知ってから、自分でもちゃんと準備しなきゃいけないと思って、思い切って個人輸入の代行サイトでアフピル2箱買いました。

輸入って聞いて緊張したけど、やってみると普通に簡単でしたね。手続きもわかりやすいし、安いし。

しばらくアフピルを使いそうな予定も相手もないんですが、いざという時に自分を守るのは自分だし、他人任せじゃなくて自分で考えて準備しないとなーって思いました。

 

アフピルの購入はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました